ゼファルリンで精力・勃起がヤバイことになってしまったので、あなたにご紹介します。この商品は活力を求める男性の間、ネットの口コミで話題の商品です。ほんとうに効果あるの?と疑いたくなりますが、実際に使用したわたしの経験と口コミの真相についてご紹介します!ゼファルリンをぜひお試しください。

精力みなぎるゼファルリンの口コミ【ペニス増大サプリの効果が凄っ】

精力について

精力減退の主な原因と性欲のメカニズム~男性器の基礎知識~

投稿日:

性欲のメカニズム

私たちが性欲を覚えるのはどんなときでしょうか。「魅力的な異性のヌードを見たとき」「あえぎ声を聞いたとき」「性器周辺などの体を刺激されたとき」などなどです。

つまり、視覚や聴覚、触角、嗅覚などの五感が刺激されると、「セックスしたい」という感情が生まれてきます。
このことを脳生理学的に説明すると、視覚や聴覚などの五感から受けた刺激が感覚神経を通って脳に伝わり、脳の奥深くに位置する視床下部にある性欲中枢を興奮させるため、性欲を覚えるということになります。

そして、その情報は背骨の中を通っている脊髄を通じて、腰随にある勃起中枢に伝わり、ペニス内の小動脈を膨張させます。

そして陰茎海綿体と呼ばれるスポンジのような組織にどんどん血液が流入充満してきます。

これがいわゆる勃起現象です。

この時、海綿体筋肉が収縮するとともに静脈も収縮し、静脈からの血液の流出が停止されることによって勃起の状態が維持されるというわけです。

さらに、こうして勃起したペニスの女性の腔への挿入などで、さらなる刺激が加わって性的興奮がある限界を越えると、脳が「射精しろ」という命令を発することになります。

すると、ペニスの周囲にある海綿体筋や尿道括約筋などの筋肉群が収縮して、その圧力で精巣上体(副皐丸)などに溜まっていた精子が勢いよく噴出されるのです。

以上が性欲と勃起、射精のメカニズムですが

これらを司るものとして男性ホルモンの作用も見逃してはいけません。

特に性欲を左右するのは血液中のタンパク質に含まれるテストステロンという男性ホルモンです。

このホルモンが分泌されないと、たとえ五感を性的に刺激しても、性欲を覚えないという結果にもつながるのです。

精力減退の主な原因

このように性欲から射精へ至る流れを検証していくと、精力減退やインポテンツがどうして起きるのかその原因がおのずと分かってきます。

つまり、性欲から射精に至る通常のメカニズムが何らかの理由で遮断されたり、障害が起こったときに精力減退などの弊害が生まれるということです。

その原因はに以下の6つにまとめられると思います。

①五感による刺激が「セックスをしたい」という情報として脳に伝わらない。
②脳内体が性欲を起こさない。
③男性ホルモンの分泌が低下している。
④事故などによって中枢神経が遮断され、脳の情報が性器に伝わらない。
⑤血液の循環が悪く、ペニス内の小動脈が拡張しない。
⑥精液や精子が分泌貯蓄されない。

心閃性インポテンツ!?

①の「五感による刺激が。セックスをしたい。という情報として脳に伝わらない」と、②の「脳肉体が性欲を起こさない」というのは、特に心閃性インポテンツの場合にみられる傾向にあります。

つまり、性的経験が少ない若者などが生身の女性を目の前にしたときに、「どうすればいいのか分からない」といった焦りや、「失敗したらどうしよう」といったプレッシャーに襲われた結果、五感や脳が正常に働かなくなり、性欲そのもののメカニズムを狂わせてしまうのです。

このようなことは経験豊富な中高年男性にはみられないことと思われるかもしれませんが、そうともいえません。例えば、何らかの原因で一度、勃起に失敗した経験をもつと、「この前、失敗したから、今度も駄目かもしれない」などというプレッシャーが生まれ、それが焦りにかわり、本格的な不能状態を招いてしまうということが多々あります。

また、中高年の場合は、蓄積された日頃のストレスから、「セックスをしたい」どころではないということがあるようです。

つまり、性欲や勃起、射精を命令するはずの脳がストレスに円冒されて、正常に機能しなくなるということです。
ストレス自体は目につく症状がないので軽視しがちですが、精力の他にも、自律神経を狂わせて様々な病気を招く原因にもなりますので、注意しなければなりません。

考えてみれば、中高年ともなれば働き盛りの年代で、当然、-立場上も責任を負わされることが多くなり、かなりのストレスを抱える傾向が強くなります。

家に帰っても、住宅問題や子供の教育、老親の世話など、中高年だからこその悩みや問題が一気に襲いかかり、ますますストレスを増大させていきます。

これではセックスどころの話ではないということが実感として大いに理解できます。

男性ホルモン低下の原因とは?

③の「男性ホルモンの分泌が低下している」というのは、中高年男性の場合、避けては通れない一面があるようです。

つまり、性欲を左右する男性ホルモンの分泌が、18歳頃をピークにどんどん低下していくからです。

しかし、性欲をまったく覚えさせなくなるほど男性ホルモンの分泌が低下してしまうわけではありません。

たとえ70歳80歳を過ぎても、セックスを可能にするだけの男性ホルモンが分泌されるのが普通なのです。

しかし、何らかの原因で男性ホルモンの分泌が一気に低下してしまうこともあります。

また、性欲を司る男性ホルモンの分泌が年齢とともに低下していくわけですから、中高年になればなるほどいかにして男性ホルモンの分泌低下を防ぐかということが課題になってくるでしょう。

事故が原因で勃起不全!?
④の「事故などによって中枢神経が遮断され、脳の情報が性器に伝わらない」というのは、脳と性器を結ぶ脊髄が事故などで傷ついたり遮断されたりしたことをいいます。

これでは脳の命令が正しく伝わらなくなりますからペニスはまったく勃起しなくなります

これは致命的ともいえますが、精力うんぬんというより、傷ついた脊髄を早く治すことが先決だといえるでしょう。

また、中高年に、当てはめた場合、事故などによる損傷以外にも、腰痛などが原因で精力を減退させてしまうこともあります。

これもまた、腰痛にともない背骨の中を通っている脊髄が圧迫されて、脳の情報が性器に伝わりにくくなることから起こるものと考えられています。

ですから、重度の腰痛であれば、まずは腰痛をじっくりと治す必要があります。

生活習慣が原因?血流不良

⑤の「血液の循環が悪くペニス内の小動脈が拡張しない」というのは、中高年になると多く見受けられる原因のつです。

つまり、中高年を待ち受ける糖尿病や高血圧、心臓病といった成人病のほとんどが、血行が悪くなる病気だからです。

中高年になれば、必然的に何らかの成人病につきまとわれますので、どうしても血流が悪くなる傾向にあり、当
然ペニス内の血行も悪くなって、勃起のメカニズムが正常に働かなくなるというわけです。

これも、成人病そのものを治療または予防することが肝心です。

それと同時に血の流れをよくするための工夫と努力も必要でしょう。

前立腺の病気が原因?

⑥の「精液や精子が分泌貯蓄されない」というのは、精液や精子が製造されなくなれば、それを放出したいという欲求もなくなり、ひいては性欲そのものも湧き起こらなくなるということです。

そもそも精液は前立腺という器官で作られるものですが、この前立腺は中高年になれば、誰でも硬化し肥大していく傾向にあります。

そして、この症状が悪化すると、精液の分泌が低下するとともに、尿意を催してから出るまでに時間がかかり、排尿に勢いがなくなったり、無意識のうちに尿が漏れてしまったり(失禁) というような症状が出てきます。

いわゆる前立腺肥大という病状です。

この場合、肥大した前立腺を摘出すれば排尿は正常に戻りますが、精液が全く分泌されなくなりますので、できれば早期に治療して、抽出手術をしなくても済むようにする必要があるでしょう。

また、精子は睾丸で製造され、睾丸に付属している副睾丸に貯蓄されるのですが、個人差はあるにしろほぼ4~5日で副睾丸がいっぱいになってしまうので、5日以上射精しないままでいると、精子を新しく作る必要が無くなり、精子の製造が一時中断されます。

この状態がさらに続くと精子を製造する機能を退化させる原因にもなってしまいます。

ですので精子を製造する働きを促すためには、最低、週に1度は精子を放出させる必要があるのです。

この事は精液を製造している前立腺にも同じことが言えますが、せっかくの機能を使わないでいると、いざという時になって正常に働かなくなるばかりか、精力そのものを減少させる原因にもなってしまうのです。

-精力について

Copyright© 精力みなぎるゼファルリンの口コミ【ペニス増大サプリの効果が凄っ】 , 2018 AllRights Reserved.