精力について

精力増強の見方アミノ酸の効果を高める「核酸」の重要性と働き!

投稿日:

核酸と亜鉛がアミノ酸の強精作用には必要不可欠

精力を増強させるためには、必須アミノ酸やアルギニンをバランス良く合んだ良質のタンパク質を摂らなければその効果は半減してしまいます。

それならば良質のタンパク質を構成するそれらのアミノ酸そのものを摂取すれば、それだけで精力増強することができるのでしょうか。

何も食物から摂らなくても、サプリメントという形で、必要なアミノ酸だけを独自に摂ることも可能になっている現在です。

例えば、必要なアミノ酸の錠剤を服用していれば、それだけで精力が増強するのだろうかということです。

その答えは「ノー」でした。

しかし薬学的に調べてみるといくらアミノ酸を体内に摂取しても、そこに「核酸」という物質がないと、タンパク質として合成されないのです。

それでは核酸とはどういうものなのでしょうか?

アミノ酸の精力増強を助ける核酸とは?

核酸はスイスの生化学者ミールシェルが1869年に発見し、1889年にそれが動植物すべての細胞に含まれる高分子有機化合物で、酸性を示すことが分かり、「核酸」と名付けられました。

つまり、私たち人間も合めて、すべての生物は細胞の集合体であるわけですが、その細胞の一つ一つに核酸が存在しているというのです。

そしてこの核酸にはDNAとRNAが含まれていることが明らかにされています。

DNAとRNA??

DNAとは、皆さんも耳にしたことがあると思いますが、遺伝子のことです。

各細胞の核に染色体という形で蔵されており、その生物のすべての遺伝情報を保持し、生物生存のための遺伝現象を担っています。

そしてこのDNAがタンパク質の合成を指令するのです。

一方RNAとは主に細胞質の中に存在し、DNAの情報に基づいてアミノ酸からタンパク質を合成する働きをします。

つまりRNAはどんなタンパク質を作ったらいいのかDNAに教えてもらい、タンパク質の構成成分であるアミノ酸を集めて自らタンパク質を製造しているというわけです。

したがって、いくらアミノ酸を体内にバランスよく摂取してもDNAとRNAを合んでいる核酸がなければタンパク質には合成されません。

アミノ般がタンパク質に合成されるためには核酸が必要だからです。

中高年は核酸が欠乏している

しかし、核酸はそもそも私たちの体内に存在しているものではないのでしょうか。

そうであるならば、ことさらに核酸のあるなしを心配する必要はなく、黙ってアミノ酸を摂取していれば、勝手にタンパク質を合成してくれることになるはずです。

確かに古い栄養学では核酸は生体内で作られるものとして、あまり重要視されてきませんでした。

しかし、最近の研究で、それは大きな間違いだということが分かっています。

そもそも私たちの身体の各細胞は、常に新陳代謝を繰り返し、約200日で全身の細胞が新しく生まれ変わっています。

その新陳代謝の時に、同時にたくさんの核酸も消費されているのです。

しかし、核酸が消費されたままでは、新しい制胞も生まれなくなってしまいます。

つまり、どこかで核酸を合成させなければ、新陳代謝ができないのです。

実は消費された核酸は肝臓で生合成(デノボ合成)されるか、食品中の核酸から再合成(サルベージ合成)する形でしっかりと捕われていたのでした。

しかし、年を取るにつれて肝機能は衰えてきます。

人間の場合、肝機能の衰えは20歳を過ぎたあたりですでに始まります。

ということは、それと同時に肝臓での核酸生合成機能も衰えていくということです。

したがって、私たちは小高年になればなるほど、食品などにより外部からの核酸補給を心がけなければならないのです。

このことは名種の動物実験でも証明されています。

マウスに核酸が欠乏している食べ物を与えると赤血球中の核酸成分の量が半減するのに対して、そのマウスに核酸成分を静脈注射すると赤血球への核酸の摂り込みが数倍にも上昇するというのです。

この結果からも、肝臓での生合成だけでは不充分であり、食品などから核酸を摂取して再合成させることが必要だということが分かります。

すなわち、核酸は食物から摂らなければならない非常に重要な栄養素の一つなのです。

-精力について

Copyright© 精力みなぎるゼファルリンの口コミ【ペニス増大サプリの効果が凄っ】 , 2018 AllRights Reserved.