精力について

男性ホルモン向上に関するあれこれ

投稿日:

急に汗っかきになったのも男性ホルモンのしわざ?

ネットや雑誌の調査などで女性に「モテる薄毛の条件」を聞くと上位にあがってくるのが「清潔感」である。

女性は清潔感があれば、薄毛も気にならないようなのだ。

清潔感のある身だしなみは、ビジネスに、おいても基本中の基本である。

できる男は、口臭対策や汗対策もしっかり行っている。

夏の暑い季節に汗をかくのは当たり前のことだが、なんらかの理由で男性ホルモンが急に減ると、冬でも額やわきの下に異様に汗をかくようになる。

とくに緊張する場面でもないのに、得意先としゃべっていると汗が次から次へと吹き出してくる・・・

汗が気になって、話に集中できなくなる。

もしこれが、こと一番の重要な商談や会議の場であったら、重大な失策をしでかすととにもなりかねない。

突然の発汗は、男性ホルモンの低下によって起こる自律神経症状のひとつである。

自律神経は自動的に呼吸や消化、体温、脈拍、血圧などをコントロールする働きをしているが、男性ホルモン低下によって自律神経も乱れるために、暑くもないのに大汗をかくなど体のあちこちにひずみが出てくる。

また男性ホルモンは、骨や筋肉にも作用しているので、肩こり、関節痛、筋肉の痛みなどに悩まされる人もいる。

自分の体に何が起こっているかわからないことほど不安なことはない。男性ホルモンについての知識があれば、少なくとも不安や混乱を避けることができるはずだ。

「不許輩酒入山門」の本当の意味

切ると涙を出させる成分の硫化アリルは、長ネギ、ニンニクなどにも含まれており、これらの食材も男性ホルモン低下を改善する効果がある。

男性ホルモンを増やすには玉ネギ、長ネギ、ニラ、ニンニクといった臭い食べ物が効果的なのである。

ちなみに「不許輩酒入山門」という言葉がある。

お寺の入り口の石碑にそんな文言を見たことがあるかと思う。

「くんしゅさんもんにいるをゆるさず」と読むのだが、「臭い句いのする野菜と酒は、寺の中にもち込んではいけない」というような意味。

「不許酒肉五辛入門」などと書かれているとともある。

意味は同じである。

つまり、匂いの強いニンニクやニラ、ネギなど(葷)は精力がついて心を乱すし、

酒は頭の働きを弱め、精神を集中できないなど、出家したものの修行を妨げるから寺の中にもち込んではいけないということである。

ちなみに、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ネギ、ラッキョウは、いずれも五葷といってネギ科ネギ属の植物である。

五辛といった場合もほぼ同じである。

このように昔からネギ類は、精力を高めることが広く知られていたのだ。

ただ「入るを許さず」とはいっても実際は、ほとんどのお寺で食べられていたようだ。

いくら戒律とはいえ、健康でなければ厳しい修行に耐えられないだろう。

酒についての「不許入山門」は不明ということで・・・乞許。

-精力について

Copyright© 精力みなぎるゼファルリンの口コミ【ペニス増大サプリの効果が凄っ】 , 2018 AllRights Reserved.