精力について

意外にみんな知らない精力増強成分とその効果は?

投稿日:


精力増強やペニス増大にはゼファルリンが効果的と、多くの中高年の男性に人気ですが、

精力増強の為の成分は数多くあります。

こんかいはその中で、意外に知られていない?有名でない精力増強効果の高い成分についてご紹介していく事にします。

ムイラ・プアマエキス

ムイラ・プアマは、アマゾン熱帯雨林とブラジル北部原産の低木で、「性機能を増強する木』として知られています。

アマゾンでのムイラ・プアマ利用の歴史は古く、またその用途は多岐に渡っています。

アマゾンの先住民族では、ムイラ・プアマの若木の根と茎を強壮剤として、神経筋肉の不調の治療に用いてます。

根の煎じ茶を風呂に入れたり、マッサージに利用し、麻痺や脚気の治療に用いています。

また、根と樹皮から作るお茶は経口摂取し、薄弱な性的能力、リューマチ、流感、心臓や胃腸機能衰弱の治療に用いられています。

ハゲの予防薬としても重宝されています。

ブラジル産ハーブの中でもムイラ・プアマは媚薬として、強力な性的興奮剤として高く評価されています。

今日、ムイラ・プアマは欧米のハーブ医療でも広く採用されています。『ハーブ医学情報源』には、赤痢やインポテンツの治療薬としてムイラ・プアマが推奨されています。

米国でもムイラ・プアマの人気は高く、多くのハーブ医療関係者が様々な用途で利用しています。

用途としては、インポテンツ、鬱、生理痛、生理前症候群、神経衰弱、中枢神経障害があります。

性機能不全に悩む100人の男性患者に対し一日一・五グラムのムイラ・プアマエキスを投与したところ、テスト対象グループ中85%の被験者が性的欲求の増加を感じ、1OO%の被験者において性交渉の頻度が上がり、9O%において勃起を維持する能力に改善が見られたと報告されています。

いわゆる『媚薬・強壮剤』と呼ばれる多くの薬が歴史に登場しそして消えて行くなかで、ムイラ・プアマはその地位を保ちつづけ、勃起機能と性本能エネルギー強化に対する最も効果的な自然薬なのです。

ガラナエキス

ガラナはブラジルやウルグアイなど、アマゾン地帯に分布する果実で、とりわけ南半球で親しまれているハーブです。

南米で「エネルギー」の同義語にもなっているガラナは強壮剤とされており、治療用のハーブとは違って、エネルギー回復剤として使われたり、エクスタシー効果が高いのでガラナエキスは「究極の天然媚薬」ともいわれています

ガラナにはコーヒーや紅茶、コーラなどの飲料物に存在する天然興奮剤「カフェイン」が含まれています。

このカフェインとガラナ種に含まれているエキスの効果により、記憶保持力を向上させたり、健忘症を防ぐ作用があることが立証されています。

神経に負荷をかけることなく、持久力やメンタル的な注意力を高める作用があるのです。

また、ガラナのエネルギー増強剤としての効果が高いことから、スタミナと持久力を高めたい運動選手の間で人気が出てきています。

酷使した筋肉から乳酸(筋肉組織にたまり、筋肉痛を引き起こす)を取り除く作用があり、回復を早めるようです。

さらに、ガラナは伝統的に頭痛や偏頭痛に用いられ、頭痛だけでなく、神経痛、腰痛、リューマチに対するガラナの有効性も実証されています。

-精力について

Copyright© 精力みなぎるゼファルリンの口コミ【ペニス増大サプリの効果が凄っ】 , 2018 AllRights Reserved.